エクオール サプリメント イソフラボン

エクオールを作れない人 と作れるタイプの人がいます

イソフラボンが多い大豆食品を食べて女性ホルモンを摂っているつもりでいませんか?

 

 

こんな方にエクオールはおすすめ

更年期の年齢に突入

 

更年期は40代から始まる人が多く早い人では30代で始まります。

 

ホットフラッシュ・ほてりなど更年期の症状が出てきた

 

冬なのに暑い、汗が止まらないなど自律神経失調症に似た体のトラブルが突然起こります。

 

薄毛・抜け毛など毛髪が気になる

 

髪のパサつきや髪のボリュームが無くなったと感じます。

 

代謝の悪化で太る

 

食事の量は変わらないのに体のむくみが強く出たり体重が増えたりします。

 

免疫の働きが低下

 

風邪をひきやすくなります。

 

しわ・たるみなど肌の老化を止めたい

 

今までの化粧品では満足できないほど急激な肌の衰えを感じます。

 

生理前のイライラPMSの症状が強い

 

自分でコントロールできないくらい些細な事でイライラします。

 

乳癌患者の家系なので予防をかねて

 

40代から急に増える乳癌発生率、ガン家系ならなおさら気になります。

 

 

このような症状がある方または予防したい方には産婦人科医も太鼓判の大豆イソフラボンの進化形エクオールサプリがおすすめです。

 

 

人気エクオールサプリメントランキング

小林製薬エクオール


●1日1粒エクオール28mg

●2回目以降も2430円と継続しやすい価格

 

大手製薬メーカー小林製薬という安心感

エクオールの配合量 NO1

その他の女性にうれしい成分も多数配合




価格 容量 評価
お試し1,890円 30粒(1ケ月分) 女性ホルモン増やす,方法

エクオール+ラクトビオン酸


●1日3粒 エクオール10mg ラクトビオン酸150mg

●2回目以降も2430円と継続しやすい価格

 

エクオールとラクトビオン酸は更年期障害を緩和する

成分として注目されています。
また、ラクトビオン酸には腸内環境を整える作用があります。



価格 容量 評価
5,832円 90粒(1ケ月分) 女性ホルモン増やす,方法

エクオールと大豆イソフラボンの違い

大豆イソフラボンといえば、女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをする成分として、広く知られる成分ですよね。

 

一方、エクオールもまた、大豆イソフラボンと同じように女性ホルモンに似たはたらきをする成分です。

 

なぜなら、エクオールはイソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌によって代謝されてできる成分で、エクオールはイソフラボンから生まれるものだといえるのです。

 

 

イソフラボンをエクオールに変換する腸内細菌

 

イソフラボンをエクオールにできるかできないかの違いは、イソフラボンを代謝することができる腸内細菌がいるかいないかの違いです。

 

その腸内細菌がエクオール産生菌です。

 

エクオール産生菌の酵素の力を借りて「アグリコン」という状態にする必要があるため、腸内環境が整っておかないと植物性エストロゲンとして働くことができません。

 

尚、この細菌が腸内に存在するかどうかは遺伝の可能性は低く、生まれてからの食習慣が要因とみられています。

 

イソフラボンをどんなに摂取してもエクオールに変換できなければ女性ホルモンとしての働きは行いません。

 

 

アグリコン型とグリコシド型

 

植物性女性ホルモンと言えば、大豆イソフラボンが有名です。
中でも丸ごと摂れる蒸し大豆は人気で、KSP−POS調査では2009年からの5年間で市場拡大率は425%にもなります。

 

更年期の症状改善のために大豆を製品を一生懸命食べてきた人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、大豆イソフラボンには「アグリコン型」と「グリコシド型」の2つの型があります。

 

グリコシル型は分子量が大きく吸収されにくく、アグリコン型は分子量が低く吸収率が高いと言われています。

 

アグリコン型摂取のために味噌汁を

 

実はほとんどの大豆食品はグリコシド型で、唯一アグリコン型を摂取できる食品がお味噌なんです。

 

しかし、理想の摂取量を摂ろうとすると1日に味噌汁10杯飲まなければなりません。
これはなかなか難しいですね。

 

さらに、最近の研究で、大豆イソフラボンが女性ホルモンとして活用できる人とできない人がいることがわかってきました。

 

残念なことに日本人の二人にひとりは、エクオールを作り出すことができず、その効果を得ることができません。

 

 

 

腸内細菌エクオール産生菌と腸内フローラ

 

エクオール産生菌を育てるためにも腸内フローラを整えることは植物性女性ホルモンの生産にも大きく関わっているので重要ですね。

 

ただ、自分の腸内にエクオール産生菌がいるかいなか更年期を迎えている女性は症状が出てるので悠長ではいられません。

 

エクオールを作り出せるか、エクオールを作り出せないか、ではなく、サプリでエクオールを摂取さえすれば問題がないのですから、40歳を超えた女性が積極的に摂取するべきは大豆イソフラボンではなくエクオールを摂取しておけば大丈夫だと言えます。

 

ですから、最近では、大豆イソフラボンではなく、誰もが代謝できる状態になっているエクオールの状態(大豆イソフラボンの進化形)で摂取した方が更年期には効果的だとされています。

 

それでもあなたは吸収率のわるい豆乳や納豆を一生懸命食べ続けますか?

 

それともエクオールサプリで確実に植物性女性ホルモンを摂取しますか?

 

ソイチェックと検査結果

 

大豆には、大豆イソフラボンという女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをする成分が含まれています。

 

そのため、大豆製品を積極的に摂るように心がけている女性も少なくありません。

 

でも、研究が進むに従って、イソフラボンをより高い効果を得ることができるエクオールという成分があることが判ってきました。

 

実はこのエクオールは腸の中にエクオール産生菌という菌を持っていなければからだの中で作りだすことができないのです。

 

エクオール産出菌の存在有無を知るためには、ソイチェックという検査があります。

 

イソフラボンはエクオール産出菌によってエクオールに変換され、尿から排出されるという性質を持っているため、尿検査を行うことで確認きます。ソイチェックは産婦人科などのクリニックや人間ドックで行っていることが一般的です。

 

ただし、エクオール産出菌が存在していても活動しているかは別なので、大豆食品を摂取することや生活習慣を整えることで、エクオール産出菌を活性化させることが必要なのです。

 

 

 

エクオール検査キット

 

自分がエクオールを作れる体なのか否か検査できる郵送検診キットがあります。

 

インターネットを通じてキットを購入し、返信用封筒で尿と検査依頼書を郵送することで検査することもできるようになりました。

 

 

アマゾンで株式会社ヘルスケアシステムズが女性の健康を応援する / エクオール検査「ソイチェック」として販売しています。

 

4104円です。

 

検査方法は簡単で採尿検査キットですから、朝一の尿を採取して郵送するだけで2週間後には検査結果が届きます。

 

病院で行う更年期治療

多くの方が40代から発症する更年期の症状ですが30代など閉経する年齢よりも若い段階でも更年期のような症状が出ることがあります。

 

最近では、卵巣機能が低下する35歳くらいからの更年期の症状をプレ更年期と呼ぶなっています。

 

これらの体の不具合は、卵巣機能の老化による卵子を育てる卵胞の量が減り、エストロゲンの分泌量が減ることによる自律神経の乱れと女性ホルモンの分泌量が直接影響する子宮や卵巣の不具合があります。

 

このような不具合に対し病院で行う更年期治療にホルモン補充療法やプラセンタ注射や漢方があります。

 

更年期前からのエクオール摂取も効果的

 

突然訪れるつらい症状の前からエクオール摂取しておくと、女性ホルモンの減少を緩やかにできます。

 

更年期症状は、女性ホルモンの分泌が突然減ると体のバランスが崩れるために起こるため、普段からエクオール摂取しておくと本当はガクッと女性ホルモンの分泌が下がったとしても、体は徐々に減っていると勘違いし強い更年期症状を出しにくくなるのです。

 

また、エストロゲンの減少は、高血圧・高脂血症・骨粗鬆症などをもたらしますが、エクオール摂取をしておけば、これらの病気も発症しにくくなり、35歳になったら生活習慣を見直すようにすれば、これらの病気の発症の確率を下げられます。

 

このように、エクオール摂取は更年期予防として服用するにもおすすめなサプリです。

 

35歳くらいなったら、更年期を意識すると症状への適切な対策、更年期の症状を緩やかにするのが可能なのです。

 

ピルのリスク

 

ホルモン補充療法の一つにピルによる女性ホルモンの補充があります。

 

避妊薬としてのなじみが高いピルですが、その成分は合成された女性ホルモンです。

 

減った女性ホルモン分をピルで補うという方法なのでその効果は高く、症状の早期改善も見込めます。

 

しかし、血栓症のリスク、乳がんのリスクの上昇や副作用もあります。

 

 

プラセンタ注射メルスモン

メルスモンは感染のない健康なヒト胎盤から作られた多種アミノ酸やミネラルを含むプラセンタ製剤です。
ホルモンやタンパク質は製造過程ですべて除去されているのでタモキシフェンのようなホルモン製剤ではありません。

 

プラセンタと言えばアンチエイジング美容のイメージがあると思いますが、それだけではありません。
メルスモンは皮下注射によって体内に投与されると衰えていた卵巣の働きを助け、ホルモンバランスを整えます。
血行促進、造血、疲労回復などの働きが複合的に作用して、更年期障害の症状を緩和します。
更年期障害(60歳未満の更年期症候群の症状)や乳汁分泌不全などで保険が適用されます。

 

あとはアトピーなどの抗アレルギー作用や抗炎症作用もあります。

 

もし、更年期症状でお悩みならばこういった治療もあるので、かかりつけの医師や病院に相談してみるもの良いかもしれません。

 

 

 

更年期診断クリニックでの血液検査

 

更年期を診断する際に行う血液検査ではFSH検査とE2検査、LH検査を行います。

 

E2検査でエストラジオールの量が50以下で更年期の症状が出やすくなります。

 

ですから、年齢的な条件や不調があるからと婦人科で血液検査をしたからと言って更年期と診断されるほどエストロゲンが減っていない場合もあります。

 

卵巣の劣化は人それぞれで異なるため、更年期は何歳〜何歳と限定できません。

 

 

E2エストラジオール検査の費用と数値

 

エストラジオールの数値が低いと更年期を発症しているという判断材料になります。

 

正常値・・70-200(検査時期と月経周期により数値は大きく変わる)
更年期の疑い・・50以下

 

保険適用・・1070円
自費・・・・2500円

 

 

LH黄体ホルモン検査・FSH卵胞刺激ホルモン検査の料金

 

LHとFSHの数値が高いと更年期の疑いが高くなります。
特にFSHの数値が常に20-30を超えていると更年期の可能性は高まります。

 

LHとFSHそれぞれにかかる費用

 

保険適用・・850円
自費・・・・2500円

 

 

エクオールサプリの不妊への効果

 

不妊原因は多数あるためすべての不妊にエクオールサプリが効果的に作用する訳ではありません。

 

しかし、エクオールは女性ホルモンと似た働きをするので、女性ホルモン不足や乱れが原因の場合補助的な役割として期待できる成分です。

 

生理周期の乱れが不妊の原因

 

生理周期の乱れは卵巣ホルモンと黄体ホルモンの分泌量の乱れが原因の場合もあります。

 

ピルを飲むことで乱れを整える方法もありますが、ピルの副作用を避けたい、自然な方法でという方の多くが今までイソフラボンサプリを服用されていましたが、最近ではイソフラボンでは植物性女性ホルモンとして働かないタイプの人もいるということがわかり、植物性女性ホルモンとして確実に働くエクオールで自然に近い形でホルモンバランスを整えようとする方が増えています。

 

また、妊娠しやすい状態を作るために女性ホルモンの分泌を増やしたい方はエクオールサプリと一緒に亜鉛を取るのがおすすめです。

 

亜鉛にはホルモンバランスを整える働きがあるので摂取すると良いですね。

 

 

骨密度UP骨粗鬆症対策

 

 

骨は細胞の再生と破壊が繰り返されることで強く硬い骨密度の高い骨が作られてきます。

 

この再生と破壊のバランスを調整しているのが女性ホルモンのエストロゲンです。

 

ただ、、エストロゲンの分泌が少なくなると骨を壊す細胞の働きの方が強まり骨密度が減り骨が折れやすくなります。

 

そこで、骨粗鬆症予防として牛乳を飲む人が多いと思いますが、乳製品の摂取量が多い人はエクオールが作れない方が多いという結果があります。

 

エクオールの見た目若返り効果

 

エクオールの摂取にはアンチエイジング効果も期待できます。

 

私たち女性は、女性ホルモンの影響をものすごく受けています。
女性は男性ホルモンより女性ホルモンの分泌が多いから、男性よりも柔らかい皮膚、しなやかな髪、脂肪の多い体、など女性が女性らしい体型でいられる理由は女性ホルモンが女性の体の中で多く分泌されているからです。

 

そんな、女性ホルモンは、40歳を境にガクッと分泌量が減るので更年期という症状だけでなく、、髪にハリやコシがなくなり、肌の衰えが如実に現れ、体型が崩れ始めます。

 

これ、すべて女性ホルモンの分泌が減ったからです。

 

ですから、植物性女性ホルモンであるエクオールを摂取すると、減った分をエクオールで補う形になるのでエクオールを摂取すると若返りの効果が期待できるのです。

 

正しい、エクオールは植物性女性ホルモンなので、ピルよりは効果は劣りますが、エクオールを摂取するかしないかは、女性美に大きく差がでてくることは間違いないようです。

 

 

うつ病かも?と思ったらエクオールサプリメント

 

35歳以降でうつ病のような落ち込み、倦怠感、イライラするなど精神的な落ち込みを感じたなら、更年期の症状かもしれません。

 

心療内科で抗うつ剤を処方してもらう前に女性ホルモンを補うエクオールサプリメントで対処できるかもしれません。

 

それでも症状が改善されない場合は、診療内科で処方する抗うつ剤は副作用の強いお薬ですので、婦人科でホルモン量の検査を受けてみる方が良いかもしれません。

 

 

コレステロール値が高いならエクオールサプリメントがオススメ

 

 

女性ホルモンには血中の悪玉コレステロールを肝臓に取り込む受容体を増やす働きがあるのですが、女性ホルモンの分泌が減り分解コレステロール量が減り、高脂血症などコレステロールが高くなる影響が出ます。

 

コレステロールが気になる方で40代に突入される女性ならば、脂質異常症予防としてもエクオールサプリメントを摂取することは有効です。

 

糖尿病とエストロゲン

 

エストロゲンはインスリンの分泌を促す働きがあります。

 

ですから、更年期前の女性は糖尿病になりにくい傾向がありますが、更年期を心配する時期や閉経近くになると女性の糖尿病患者が増えます。

 

これは、今までエストロゲンで守られてきたこそ糖尿病にならなかった食生活や生活習慣が女性ホルモンの減少により糖尿病になりやすい状態になったからだと言われています。

 

大人ニキビのスキンケアにエクオールサプリメント

 

ヤスミンというピルを大人ニキビ対策として服用する方もいるほどピルに含まれる女性ホルモンは肌の脂質の分泌を抑えたり、肌のキメを整える効果があるからです。

 

ただ、副作用が強いピルを飲むのが怖いという方でしたら、手始めにエクオールサプリメントを飲んでお肌を整えてみてはどうでしょうか?

 

シワ・ほうれい線・美白・肌荒れは化粧品だけじゃ効かない

 

高級な化粧品を使うならばなおさら、その成分を肌が活用できなければ意味がありません。

 

女性ホルモンのエストロゲンは肌細胞内のコラーゲンやヒアルロン酸を生成するよう内側働きかけます。

 

そこに、外側から高濃度の美肌成分を送り込むことで、肌の若返りは加速され、シワやほうれい線の解消に期待が持てるのです。

 

 

 

 

エクオールサプリは男性にも有効

男性ホルモンのはたらきを和らげることができるエクオールは、テストステロンを変化させる酵素をブロックしたり、ホルモンの受容体そのものの発現を弱める、受容体と結合させないといったことが可能であることがわかっています。

 

ですから、前立腺がんだけでなく、男性のハゲ薄毛にもエクオールは効果があるとされています。

 

中には女性化を心配する声もありますが、本来、男性のからだのなかにも少量ですが女性ホルモンは分泌されているので、エクオールの影響を強く受けることはなく、安心して利用できるというわけです。

 

女性化してテストステロンを減らしたい男性

 

女性化を望む場合の男性が飲まなければならない、ピルの量は女性が1錠に対し、8錠を毎日と言われています。

 

つまり、それぐらい大量の女性ホルモンを服用しないと女性らしい体を作ることはできません。

 

ですから植物性エストロゲンをサプリメントで摂取したくらいじゃ女性化の危険性はありません

 

肝臓の数値が悪いヒトはエクオールの摂取に注意が必要

 

女性ホルモンのエストロゲンの分解は肝臓で行われ尿として体外に排出されますが、肝機能が低下すると血液中のエストロゲンが異常に増加して女性化の一つとして乳房のふくらみが起こります。

 

ここまでくると肝硬変になっているか、その一歩手前で相当悪い状態です。

 

このように、肝臓の数値に問題がある方は女性ホルモンの摂取を控えるようにしましょう。

エクオールサプリメントの副作用

 

エクオールサプリメントは薬でありサプリメントであるので基本的には副作用はありません。

 

女性ホルモンの分泌を促す効果はエクオールにはありますが、所詮は植物性エストロゲンでできたサプリ、ピルで摂取するエストロゲンのような強い働きはありません。
と、同時にサプリではピルほど強い副作用も起きません。

 

しかし、良いと言われている成分でも過剰に摂取すると害を及ぼすことはあります。

 

エクオールも同様で、適用量を過剰に超えて服用すると副作用のような症状が出ます。

 

めまいや吐き気などが出てきてしまうので、更年期障害がもっと悪化したような副作用に悩まされることもあるので過剰摂取には注意が必要です。

 

たとえば大豆イソフラボンがたくさん含まれている更年期サプリがあります。

 

漢方やハーブ配合のサプリ

 

ハーブや漢方の成分を配合したサプリで女性ホルモン分泌の促進を行う方法もあります。

 

ピルよりは即効性がなく効果も劣りますが、継続して飲み続けることで、症状を緩和することができます。

 

しかも、お薬に比べるとはるかに安全なのが人気の秘密です。

 

継続して飲み続けたいという方で、ピルのような強い薬を飲み続けるよりは漢方やハーブのように体に優しく作用する方が飲み続けるなら安心と考えている人も多いです。

普段の食生活でも摂取できる植物性エストロゲン

女性ホルモンを増やすとして有名です植物性エストロゲンが豊富とされる小豆は、大豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、いんげん豆、枝豆などの豆類つまり大豆イソフラボンです。

 

だとすれば、サプリなどは不要で普段の食生活で女性ホルモンは補えると思った方もいるかもしれません。

 

しかし植物性エストロゲンは食べるだけでは残念ながら女性ホルモンの代わりにはなりません。

 

イソフラボンの1日の必要量

 

更年期予防に1日に必要な大豆イソフラボンの摂取量は40r〜75mgです。

 

味噌汁なら1日15杯なので塩分から考えると毎日食べることは非現実的な量です。

 

納豆なら2パックです。

 

これなら、いけそうですが、毎日納豆2パックも納豆が嫌いならハードルが高いですね。