エクオール サプリメント イソフラボン

エクオールと乳がん

合成女性ホルモンであるピルを服用すると乳がんのリスクが上がると言われています。
なぜなら乳癌のリスクは、必要以上にエストロゲンとエストロゲン受容体が増えることががん細胞の増殖につながるからです。

 

では、女性ホルモンと似た働きをするエクオールの乳がんリスクはどうでしょうか?

 

実は、エクオールの前段階であるイソフラボンには乳がん発症リスクを高めるという論文と乳癌発生率を低くするという相異なる2つの見解があります。

 

ただ、昔から大豆を摂取してきたアジア圏に限定するとイソフラボンを摂取することで乳がんのリスクは下がるという結果が多くあり、これはイソフラボンに含まれるゲニステイが癌細胞の抑制を行うからと言われています。

 

現在のところ、日本ではイソフラボンの摂取量が多ければ多いほど癌のリスクもより一層低くなると唱える医師が多いようです。

 

ただ、イソフラボンからエクオールになると乳がんのリスクはさらに下がります。

 

なぜならエクオールには、過剰なエストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン作用があるからです。

 

過剰なエストロゲンの働きが乳がんのリスクを高める訳ですから、抗エストロゲン作用の働きは理にかなっています。