エクオール サプリメント イソフラボン

更年期ストレス(旦那ストレス)

更年期は何かとストレスを感じやすい時期でもあります。
既婚者であれば、旦那がストレスの原因になることもあるのです。

 

一番頼りたい存在である夫ですが、夫婦間のズレが生じてしまうと、ストレスになる存在にもなりえるのです。

 

たとえば、散らかしっぱなし、食べっぱなし、と整理整頓ができない夫に対してストレスを感じる妻も多いかと思います。
こういった場合の解決法として、夫のスペースを区切り、共有スペースだけは散らかさないように約束してもらうことで、ストレスが軽減できます。

 

 

また、生活費に気を遣って節約をしている妻に対して、夫は使いたい放題
日々の家計を少しでも抑えようと頑張っている妻にとってはストレスそのものです。
こういった場合の解決法として、収支の予定を毎月夫婦一緒に考えること、または家族の財布と夫の財布を分けることでストレスも軽減できます。

 

さらに、悩みを聞いてほしい妻に対して、冷たく理論解決を話し出す夫
女性は解決策を聞きたいのではなく、共感してほしいのです。
こういった場合は、自分の気持ちを素直に話し、共感してほしいことをはっきりと伝えましょう。

更年期ストレス(介護ストレス)

更年期はさまざまなストレスを抱えやすい時期であり、その中の一つが親の介護問題です。先が見えない、また見通しも立たない介護はストレスの原因になりやすいのです。

 

そのためにも長期化することを念頭に置き、自分だけで抱え込まないことです。
周りの人の手を借り、介護ヘルパーも上手に利用して、長続きできる介護を行うことです。
一人っ子や長男、長女は自分が介護をしなくては、と頑張りすぎる傾向にあります。
しかしそれがストレスになってしまうと、介護されるほうも幸せではないはずです。

 

開放的な気持ちになれるよう、時には他人の手を借りることも大切です。
夫の両親の介護の場合、今までの関係が良ければいいのですが、いい関係でなかった場合は、ご主人に相談してみましょう。
そんな状態で介護すると、苦しみが複雑化する可能性も出てきます。

 

こういった介護ストレスをうまく乗り越えるためにも、早めに両親や兄弟と話し合い、どうしていくか具体的に相談することが大切です。
そして周りの人たちを上手く巻きこむこともポイントの一つです。"

更年期ストレス(子供ストレス)

可愛いわが子にでも、時にはストレスを感じることがあります。

とくに更年期にはストレスを感じやすく、楽しいはずの育児に対してもイライラしてしまうことも多くなってきます

 

育児をしていると、なかなか自分の時間を持つことができず、ストレスを感じてしまうことがあります。
こういった場合は、15分早起きしてみましょう。
たった15分かもしれませんが、自分のための時間はとっても大事です。
ゆっくりとモーニングコーヒーを飲むだけでも、気持ちが落ち着くものです。

 

また、たまにはお洒落をして映画やショッピングを楽しむこともいいかもしれません。
子供をおばあちゃんにお願いしたり、一時預かりの保育園などを利用して、息抜きをしましょう。

 

1人で頑張っていると、ストレスが溜まる一方です。
ご主人やママ友など、なるべく色んな人と育児の大変さを分け合うと気持ちも軽くなるでしょう。
そして、好きなアーティストのライブに行く、夜中に1人でドライブするなど、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

更年期ストレス(仕事ストレス)

更年期はさまざまなストレスを抱えやすい時期でもあります。
仕事面でもしかり、周囲から頼られるポジションに立つことが多く、そのプレッシャーをストレスに感じることもあり、またやる気とは裏腹に体がついていかないことにストレスを感じることもあります。

 

そんなときは、少し肩の力を抜いてみましょう。
頑張りすぎず、70パーセントの力を発揮し、残りの30パーセントは誰かにお願いすると、心にも余裕が出てきます。

 

もし、やりがいの仕事にストレスを感じる場合は、収入のためだと、割り切るとよいでしょう。

 

自分より若い人が上司の場合もあり、上から目線でストレスを感じることもあります。
こういった場合は、聞き流すことです。

 

仕事に打ち込んで、キャリアアップを望むのであれば、夫ともよく相談し、子供たちの理解を促してから突き進むようにしましょう。

 

仕事面でも大事なことは対人関係です。
自分にとって一番重要で親密な相手との関係を良くすることで、対人関係ストレスを軽減させることができます